解体する前に養生足場を設置します。近隣への配慮から通常は都心部では、防音パネルや防音シートでの施工が一般的です。
歩道部分に面している場合は、通行人に危害がないように朝顔(防護棚)を設置します。歩道の養生も事前に鉄板で行います。
既存の電気・設備切り離しが終わり次第、仮設電気・仮設給水等の切り替えを行い解体前の段取りをします。