現状地盤より深く掘削・解体作業を行う場合は、安全の確保のため山留工事が必要になってきます。
山留工事もいろいろあります。
一般的なのが、杭(H鋼)を打ち矢板を入れ土留壁を作る方法ですが、現場によってさまざまな方法があります。
土留壁を支える支保工と呼ばれる部材の種類や方法もたくさんあります。
作業員の安全や、近隣の地盤の崩壊・沈下をしない様施工するためには必要な工事です。